七五三,写真,フォトスタジオに関する情報や東京都内にある人気のフォトスタジオを口コミ評価ランキングで掲載させて頂きます。"初めての七五三のイベントなので分からない事だらけ…"そんな問題点を解決!

小平神明宮 七五三 お宮参り おすすめ

小平神明宮 七五三 お宮参り おすすめ

小平神明宮 七五三 お宮参り おすすめ

小平神明宮 七五三 お宮参り おすすめ



小平神明宮 七五三 お宮参り おすすめに関する情報です。

小平神明宮鎮座の由緒。今から350余年前、徳川家康が江戸に幕府を開いてから五十八年、私達の祖先はこの地に最初の鍬を入れました。この辺りは富士箱根火山帯の噴火による火山灰(関東ローム層)が幾重にも推積し、古歌にも『行く末も空もひとつの武蔵野に草の原より出ずる月かげ』(後京極摂政大政大臣)と詠まれ『逃げ水の里』とも云われる程水利に乏しい、生活に過酷な不住の土地でありました。

未知の土地に移り住む人々の守護神として、明暦二年の開拓願いとともに神明宮勧請の願いが出され、五年後の寛文元年(一六六一)に、西多摩郡殿ヶ谷村(今の瑞穂町)鎮座の延喜式内社(平安時代以前からの古社)阿豆佐味天神社(アズサミノアマツカミノヤシロ)の摂社、神明ヶ谷の小高い山の中腹の神明社から分祠遷座されました。

荒地の開墾は難儀を極めましたが、「小川村の開拓」はいくつかの歴史的諸条件が合致して事業が順調に進んだ典型として紹介されています。この成功の一要因に、開拓事業を推進した人々に篤い敬神の心があったことも加筆されるべきと思います。

小平神明宮の神様。正面の御本殿にお祀りしております中心の神様は「天照皇大神(アマテラススメオオカミ)」で、伊勢神宮の神様と同神です。日の大御神と仰がれ、御神徳は太陽の恵みに例えられ、万物の生成発展に欠くことの出来ない御恵沢を日夜の別無く、分け隔て無く広く豊かに与えて下さっております。

御本殿にはほかに、天満宮、天王宮、愛宕社が相殿として祀られております。
また東殿には八雲神社、春日神社、八幡神社が、西殿には稲荷神社、秋葉神社、熊野神社、白山神社が、そして境外の中島町には一の宮神社が祀られ、合わせて十二社、十五座の神々を総称して「小平神明宮」と申しております。

【電車】西武拝島線「東大和駅」徒歩18分
【バス】都営・西武「小川寺」(しょうせんじまえ)徒歩2分
西武「小川三叉路」徒歩2分
【お車】神社駐車場をお使いください。

祈願の主な利用方法

家内安全・心願成就・交通安全・たたり除・渡航安全・七五三詣・成人式・還暦祝い・商売繁盛・清祓・方災除・病気平癒・初宮詣・一三参・厄除・歳祝い・地鎮祭・上棟祭・工事安全・神棚のお祓い・慰霊祭・商売繁盛・操業安全・立木伐採のお祓い・井戸埋(井戸掘)のお祓い・家屋取毀祭・定礎祭・竣工祭・家屋のお祓い・神葬祭・事故後清祓祭・社業繁栄

小平神明宮 料金

個人祈祷
初宮詣 1万円
安産祈願・七五三詣・厄祓・車祓・合格祈願など 5千円以上
結婚式など 2万円程度
団体祈願 安全祈願・社業繁栄など 1~2万円程度
出張祭典地鎮祭・上棟式・竣工祭・家祓 社業繁栄・操業安全等、ご相談ください 。

小平神明宮 電話番号

TEL:042-341-0407

小平神明宮 URL

小平神明宮 七五三 お宮参り おすすめ

小平神明宮 住所 地図アクセス

〒187-0032
東京都小平市小川町1丁目2573

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

<スポンサーサイト>